スクラッチプログラミング

Scratch(スクラッチ)とは?

Scratchはアメリカの有名な大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボで開発されたビジュアルプログラミング言語です。

プログラミングと聞くと「パソコンの画面に向かって、難しいことをする」イメージがありますが、Scratchではブロックをつなげていくだけでプログラミングすることができます。

ブロックを組み換えるように順序を変えたり、新しいものを足したりできるので、プログラムを書き換えるのも簡単です。

作ったプログラムがうまく動かなくても、簡単にやり直せるのが特長といえるでしょう。

いきなりプログラムを勉強しても、少し間違えるとエラーメッセージなどが頻発し、嫌になってしまうことが多いです。

そしてスクラッチでは、アニメーション、プレゼンテーション、ストーリー、ゲームなど自由自在につくりあげることができ、作品を世界に公開できる場も用意されています。

スクラッチプログラミング

プログラムの基本動作が勉強できます。

プログラミングを学ぶには、開発環境を用意して、言語を勉強して、そのプログラミング言語と画面をすり合わせながら作っていくのですが、

初心者が作り始めると、書き間違いなのか、プログラムのエラーなのか、そもそもそのエラーメッセージがなんなのかわからなくなることがしばしばです。

そんな右も左も分からないまま、プログラムを学ぶと、プログラミング自体を嫌いになってしまいます。

そんな時にこのスクラッチを勉強すると、ノーエラーですいすい勉強がはかどります。プログラミングの理解。そしてこんな動きができるのか、と自分がプログラムを構築するときの大きなヒントにつながります。

ここではプログラムの基本、動作の基本を学び、のちのプログラミング学習が加速する術を学んでいきます。